本文へスキップ

土壌汚染・水質改善・悪臭対策・騒音振動等あらゆる環境問題のコンサルタントを行います。 愛知県内のお客様は迅速な対応可能です。お気軽にお問い合わせください!

環境保全対策をお考えの企業様や、お悩みのお客様
相談は無料です。まずはメールにてお問い合わせ下さい。
 

構造に関する基準とは

院長写真

 有害物質地下への浸透防止のための構造設備及使用方法する基準として環境省令める基準」であり、これらの基準遵守しなければならない義務せられています。

 具体的には、新設、既設や施設の設置状況等により細かく定められており、概要を以下に示します。

 


床面及び周囲について

 
施設本体
付帯する設備からえいした有害物質床面め、周囲流出させないことで、地下浸透防止する。地下浸透施設周囲からへの流出防止する必要材質構造とします。

 施設本体床面等して設置され、施設本体下部等からの地下浸透対策十分でない場合直接設置された場合等)にはこれに対応した基準設定することとします。

 

地上設置施設について


 施設等からの有害物質えいをぐか、えいしたことを容易確認できるようにすることで、床面等へのえいを防止するものとします。このため、えいを防止する必要材質構造とするか、目視容易えいが確認できるように施設等を設置することとします。

 既設施設について基準適合している場合には、定期点検のみで対応することができます。一方で、目視確認しにくい箇所がある場合には、上記要求事項たせないため、別途これに対応した基準及定期点検方法設定することとします。

 

地下埋設施設について


 地下埋設施設からのえいをぎ、地下浸透防止するものとします。このため、地下貯蔵施設からのえい地下浸透防止できる材質構造とし、目視等による点検困難であるため、目視等によらない方法地下貯蔵施設からのえいの点検うこととします。

 なお、地下貯蔵施設近傍えい検知する設備等けて、められた頻度えい有無確認えば、定期点検頻度緩和できることとします。

 既設施設については、材質構造上記基準適合している場合には、定期点検のみで対応することができます。

 一方で、上記の基準に適合しない場合には、地下への浸透を防止できるよう、漏洩等を検知する設備等を設置し、漏洩当の有無の確認を行うか、内面のコーティング及び必要な点検を行うか、その他の同等の措置を講じることとします。



※改正水質汚濁防止法における「定期点検要領」とは